目次

最も身近な方法

広告

普段身近なダイレクトメールは郵便などを利用して個人に送られます。主に広告ですがカタログも指すでしょう。一般的なダイレクトメールは郵便物になった媒体がポピュラーです。ハガキや封筒に入れられた用紙が使われるので情報量が多めです。デザインやスペースを工夫し、印象的なものを作れば反応率アップにつながります。その分、興味がないと開封されずに捨てられてしまうリスクもあります。また、企画段階から入るので発送までに時間がかかるのがデメリットです。郵便のダイレクトメールは、読んでもらうためのセンスが問われることでしょう。

気軽に送れる

チラシ

ネットが普及した現在では電子メールを使ったダイレクトメールも盛んです。安いコストで大量のメールを送信でき、時間を気にする必要がありません。届いたら利用者がすぐに開封するので反応が分かり易いです。しかし人によっては迷惑メールととらえてすぐに捨ててしまう可能性もあります。件名を工夫するなど見てもらう試みが必要です。

すぐに読んでもらえる

ダイレクトメールは実はFAXにも送信することができます。固定電話の回線を利用する仕組みとなります。用紙を開いたまま送るので受け取ったときはすぐに内容を読めます。内容によっても異なりますが開封率は高めと言われています。コストが比較的安いのも魅力です。

受信側のことも考えて

FAXのダイレクトメールは受信側のFAXのインクを消費します。そのため、内容に乏しいものや大量に送るとクレームが来る可能性があります。送る際はその点に気を付けましょう。また、受信側がカラーに対応していないFAXではモノクロのダイレクトメールになります。モノクロはカラーに比べてインパクトに欠けてしまいます。

広告募集中